学生専用OB・OG訪問アプリのビジネスマッチングアプリ開発の状況について

学生専用OB・OG訪問アプリのビジネスマッチングアプリ開発の状況について

学生専用OB・OG訪問アプリのビジネスマッチングアプリ開発は、人材サイトを提供している各社で実装されています。
マッチングアプリ開発は、SNS形式で在籍の学校や氏名・年齢などの情報を登録することで同じOBOGとの接触を用意にすることが可能です。
企業側では一般的にOBOGを募集し、該当のSNSに登録を催しマッチングさせるケースもあれば個人的に登録するといったケースもあります。
安全性で言えば全社であり、会社として登録した人員とマッチングするほうが情報の信頼性も担保できるのです。
後者の場合虚偽の情報を記載して、不正に学生に出会おうとする悪質ユーザーがいる可能性があります。
運営側も登録してきたユーザーの情報が正しいのかは担保してくれないため、もし利用するのであれば大手求人サイトなどを運営しているアプリを利用したほうが安全です。
今後このようなアプリを利用して悪質な事件が発生した際は、法改正などの規制も出てくることでしょう。

マッチングアプリの開発には専門家の協力が不可欠

プログラミングの技術があるだけでは、満足度の高いマッチングアプリを開発するのは困難です。
なぜなら利用者が欲しいと思っている機能を漏らさずに盛り込んでいく必要があるからです。
たとえば、自分の希望どおりの相手を検索できる機能もその一つです。
少しも好みの異性が表示されないなら、すぐにアンインストールされることになるでしょう。
反対にいくつかの条件を入力するだけで理想的な相手を推薦してくれるなら、とても使い勝手の良いマッチングアプリとして活用してもらえます。
この場合は、条件のなる事柄から好みの異性を推察するアルゴリズムが不可欠です。
この知識はプログラミングの経験だけで身につくものではありません。
この分野ならではのノウハウを習得しなければ、実用的なものには仕上がらないでしょう。
そこで重要になるのが専門家に協力を仰ぐことです。
特に新規参入を狙っているなら、非常に強力な味方になってくれるのは間違いありません。

著者:諸橋千代子

筆者プロフィール

新潟県長岡市生まれ。
プログラミングについて勉強していた経験を活かして、マッチングアプリの作り方や流れなどを発信しています。