新ビジネスを短期間でサービスを開始できる!マッチングアプリとは何かを解説!

近年仕事にしろプライベートの出会いにしろマッチングアプリの需要がとても高まっているといえます。
マッチングアプリとはそもそもどういったサービスなのかというと、アプリの中のシステムを利用して、マッチングさせて理想の仕事やプライベートな相手を探すためのシステムといえます。
需要もあるために収益性も高く、婚活サイトなどをつくると、市場規模は1,000億円にまで上ると予想されています。
それだけ注目されている業界です。

新ビジネスを短期間でサービスを開始できる!マッチングアプリとは何かを解説!

マッチングアプリとは、理想の相手位を探すサービスとなりますが、まず開発費にとてもお金がかかる仕事です。
エンジニアを雇うことで、人件費もかかってきます。
そして人数や開発日数を確保することにより、開発費に応じて作っていくことになるのです。
マッチングアプリとは登録にかかる相場は大体20万円から40万円くらいかけるのが一般的です。
どれだけ利用があるかをある程度予想して、逆算してアプリ開発費に回していくと良いでしょう。

マッチングアプリの基本的な作り方と流れ

マッチングアプリの基本的な作り方は二つあります。
「一から全部自分でやるか」、「専門知識を持っている人にお願いするか」です。
一から全部自分でやる場合はいわゆるプログラミングスキルが必要になります。
最低限の開発環境を整えてプログラミング言語を使いこなす必要があります。
素人でも簡単に作れる訳ではないので、それなりの知識と経験があった方が良いです。
自分でやる場合はまずプラットフォームを作成して、システムを構築していきます。
一般に公開する場合はテストなどを行って完成度を上げていきます。
自分でやる場合流れは決まってないので自由です。
専門知識を持っている人にお願いする場合、自分でやることはマッチングアプリのイメージを伝える作業と費用の相談のみです。
具体的なイメージを伝えないと作業を開始できないですし、途中で方向性を変更するのは大変なので最初の段階で詰めておくのが大事です。
流れは作成者の意向で変わることもあります。

ノーコードで開発可能なマッチングアプリ

ノーコードというのは会社の名前であり、マッチングアプリの開発を依頼することが可能です。
マッチングアプリというと男女間の新たな出会いを支援するためのアプリと考えられがちで、確かにこの仕組みがあまりにも有名なためにそう思われるのも仕方がない面もあるのですが、必ずしもそれだけではありません。
例えば民泊とか家事労働サービスなどが挙げられますが、世の中には誰かに何かのサービスを提供したいと考えている人がいる一方で、そのようなサービスを提供してくれる人がいないかと探している人がいることも良くあります。
昔ながらの考えで言えばそれらを満たすのはまさに会社であったわけですが、個人間で直接やり取りすることもできるような時代に突入しつつあることが重要な点です。
マッチングアプリはまさにこの目的のために存在するともいえ、何かのサービスを提供したい人が登録するとともに、そのサービスを受けたい人との間を取り持つことになるわけです。

マッチングアプリの開発で使われるプログラミング言語

出会いの場をネット上で探すことができるマッチングアプリは、今後もユーザーからの需要が高まる注目のアプリの一つです。
そこで自作のマッチングアプリを開発したいと計画を立てている方も多いですが、実際にアプリ開発をするために必要となるのがアプリのタイプに応じたプログラミング言語をマスターしているかという点です。
作りたいものの種類に応じて必要なタイプは異なり、特にマッチングアプリのようなインストール型でAndroidやiOS、macOSに対応するものはネイティブタイプと呼ばれるので、JavaScriptやJava言語を学ぶと良いといわれています。
特にJavaScriptはWeb動的な動きを加えるためのものであり、汎用性が高くあらゆる麺で使うことができる上に難易度がやさしいので初心者でも学びやすい特徴を持っています。
JavaはWeb、Android、組み込み系システムなど小規模から大規模までカバー可能な代表格でもあるので、マッチングアプリ制作を目標とするなら学んでおくと非常に便利です。

マッチングアプリ開発に必要な期間

マッチングアプリは、人々のニーズを満たす上でも優れたアプリで様々なシーンで活用されています。
以前よりネットでの商品販売やサービスの提供が主流になっていることもあり、こうした物やサービス、人を探す上でも適しています。
もし商品を購入したいという場合には、自然とマッチングアプリにアクセスをしているのも過言ではないです。
商品を販売している人と買いたい人とを結びつける上でも優れているので、アプリから探していることも多かったりします。
こうしたマッチングアプリは必要不可欠な存在ですが、その開発に必要な期間は現在は以前よりも短縮されています。
その理由にはあらかじめ基本的な骨組みになるテンプレートが用意されており、それに修正や改善、機能の追加などをしていけば良いからです。
そのためマッチングアプリの開発は、程度に寄りますが、早くて数日、遅くても連携を密にすることで1ヵ月程度の期間で提供できる時代になっています。
もっともそれを運用する側面に力を割くことが求められているのは、言うまでもないです。

著者:諸橋千代子

筆者プロフィール

新潟県長岡市生まれ。
プログラミングについて勉強していた経験を活かして、マッチングアプリの作り方や流れなどを発信しています。
マッチングアプリ 開発 ノーコード